アコムマスターカードにはETCカードがありますか?

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

最近ETCカードを作ろうと思って調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器が付いていなくてもETCカードがないアコムマスターカードは利用可能ということです。

カードは作ったけど車載器がないといった場合にETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所スタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことやお得なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレジットカードと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人に対するカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成立していない人が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というサイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

「ETCカードを使って給油はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレジットカード機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレジットカード一体型が多いようです。

クレジットカード一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレジットカード決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

クレジットカード会社から発行しているクレジットカードタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

クレヒスに問題があるなど特別な理由がなければクレジットカードタイプをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプでは新規申込時に同時申請できることやすでにアコムマスターカードを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

車に乗る機会が多い方は持っていると便利なETCカードを作っていますか?免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

すでにアコムマスターカードを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがアコムマスターカードを申し込む時に一緒に発行することはできません。アコムのACマスターカードにはETCカードが無いのです。

参考:アコムマスターカードはETCカードも作れる?【申し込み審査甘い?】

持っていない方やサブアコムマスターカードを作ろうとしている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のアコムマスターカードなどがいいでしょう。

楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです、ですがアコムマスターカードにETCカードが無いことは覚えておいてください。

もしクレジットカードを所持していなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方はアコムマスターカードを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードもあり、市の場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即引き落とされてしまう方法では新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

 

アコムマスターカードの申込み審査

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のサイトに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレジットカードをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレジットカード申し込みする際に同時に申し込みができます。

ETCカードを挿入したままにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、パニックになってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレジットカード会社発行の場合は発行元の会社への連絡になります。

その際クレジットカード会社によって対応の違いが多少あると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

自動車免許を取得して友達と車で遠くへ出かける際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

ETCカードを作るにはアコムマスターカードを作る必要があり、現時点でアコムマスターカードを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?現在手元にあるクレジットカード発行元に追加で発行申し込みをしている方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがアコムマスターカードです。

アコムマスターカードでは誕生月に利用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレジットカードの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

「大学生のうちにアコムマスターカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレジットカード申込時の審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前にアコムマスターカードの申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでアコムマスターカードを利用・返済し続けることでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞く回数が増えてきました。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費はいちいち領収書を出して、保管して、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらず法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

 

▲PAGE TOP